ideal Blog

グローブの選び方

2021.11.25

あなたにジャストなバイク用グローブの選び方 トータルコーデを大切にお気に入りのグローブを選ぼう!

あなたにジャストなバイク用グローブの選び方 トータルコーデを大切にお気に入りのグローブを選ぼう!

2回目は、実際にどんなバイク用グローブを選べばいいのか? そのことについてゆっくりお話ししていきましょう。
多種多様なバイク用品がズラリと並ぶ量販店の棚を目の前にして、さて、アナタはどのグローブを選ぼうかと考えているとします。

 

第1回目はこちら 【基礎知識 01】選ぶ前に知っておきたい!バイク専用グローブの基礎知識

 

「たくさんあって楽しいなあ」「いろんな種類を試してみよう!」と興奮するライダーがいる一方で、「どこから手をつけていいのやら……」「これは参った、ひとまず家で調べてから出直そう」と後ずさりするライダーもけっして少なくないはずです。

そのキモチ、よーく分かります。だってお店の棚には、途方もないほどのバリエーションで、種々のグローブが所狭しと並んでいるのですから。ノーイメージのままひとつのグローブに絞らなくちゃいけないなんて、並大抵の選球眼ではありません。

そこで頼りたくなるのはプロのアドバイスです。ライディンググローブに精通しているメーカーの商品開発スタッフの方に、具体的な“選び方”についてお話を聞きました!

コーディネート

自由なグローブ選びで理想の“イメージ”に近づけよう

まず「シーズン」で選びましょう! と言いたいところですが、意外にも夏用や冬用というシーズンによる区分はあいまいな部分が多いのが実際です。スリーシーズンという表現も、かなりざっくりとしています。

もちろん目安にはなりますので、選びのひとつの基準にはなると思います。ただし「これから暑くなるぞ!」というサマーシーズンに、「ポカポカで素敵だわ〜」というウインター用のグローブを買う人はまずいませんよね。グローブの場合は、欲しくなったときが購入タイミングです。
住んでいるエリアや走りたいロケーション、イメージする走りのシーン、はたまた乗っているバイクの種類、そしてふだんのファッションなどなど……グローブ選びの“要素”はライダーによって多かったり少なかったりします。

のっけからアタマでっかちな話をしてしまいましたが、逆にいえば個人の好みで自由度が高いのもグローブ選びの面白いポイントです。

「どんなバイクに乗っていますか?」

グローブ選びでいちばん分かりやすいのは、「乗っているのはどんなバイクですか?」というところからチョイスしていく方法です。まずはこのやり方をオススメします。

具体的に言いましょう。あなたの愛車はどのジャンルに入りますか?

フルカウル系のスポーツタイプか、ホイールベースの長いクルーザータイプか、クラシカルなビンテージタイプか。はたまたスタンダードなネイキッドタイプか、ダートや林道が似合いそうなオフロードタイプか、大陸的なロングツーリングイメージのアドベンチャータイプか……って、キリがありませんね(笑)。

でも乗っているバイクのカテゴリーやジャンルで欲しいグローブを絞っていくアプローチが、“正解”に近づくための最短距離の方法だと思います。もちろんグローブ側でそこまで用途を限定したりはしていませんが、バイクのカテゴリーとグローブのデザインでマッチングの良否を決めることで、あなたのベストをチョイスしましょう。

バイクの種類

マテリアルで自分の好みを表現しよう!

いくつもの走行シーンを串刺しにするように、「ツーリングにはこれ、街乗りにはこれ!」というオススメの仕方にはちょっとムリがあります。そのことを前もって理解していただきつつ……大まかではありますが、それぞれのジャンルと相性のいいマテリアル(素材)を挙げていきましょう。

素材

スーパースポーツ系

スーパースポーツ系

メッシュやナイロンなどの化学繊維とカーボン素材を組み合わせたスポーティなグローブがマッチすると思います。前者は通気性や洗濯可能などの機能的なメリットが多く、デザインの自由度も高いですし、後者は軽量かつプロテクション性が高いことが特徴です。そのふたつの高機能マテリアルの組み合わせに“ハードな走り”のイメージを重ねてみても、違和感はまったくありません。むしろベストコンビネーション!

エアーウェッジ

クルーザー系、クラシック系

クルーザー系、クラシック系

天然皮革を使ったレザーグローブがマッチすると思います。具体的には牛やヤギの革をメインの素材に使ったグローブですが、質感の高さという観点から言えばこれ以上のマテリアルはありません。そんなリッチなイメージを醸しつつ、引き裂き強度が優れているなどのメリットも昔と変わらず盛り込まれています。日ごろのメンテが必須です。

パンチングジョーカーラディカル

 

ネイキッド系、アドベンチャー系

ネイキッド系、アドベンチャー系

化学繊維と天然皮革の2ジャンル両方を欲張ることができると思います。マテリアルを限定せずに横断的に使えるのがこちらのカテゴリーとも言えるでしょう。自分の好みや走りのスタイルを自由にグローブに投影させられますし、カラーのマッチングも腕の見せどころです。

オーセンティックジョーカー

 

バイク専用グローブ装着イメージ

最後に

ライディングファッションの中でのグローブは、ワンポイントでセンスを発揮させるのにとても効果のあるアイテムです。マテリアルやデザインで個性を表現しながら、「こんなグローブで愛車に乗ったらきっとスタイリッシュ!」という主張を込めることができます。同時に満足感も視界の中(の手もと)から与えてくれるので、ライダー自身のモチベーションをUPさせてくれるのも嬉しいですね。

次回は「真冬でも暖かい防寒グローブのススメ」ということで、日本の冬を乗り切るウインター仕様のグローブについて解説します!

関連記事

【グローブの基礎知識 01】選ぶ前に知っておきたい!バイク専用グローブの基礎知識
真冬でも暖かい!防寒グローブのススメ -ウィンターシーズンを快適に乗り切るための防寒グローブの選び方-

関連記事

ニッポンの酷暑を快適サマーグローブで乗り切る!

ニッポンの酷暑を快適サマーグローブで乗り切る!

装着しなければ分からない、サマーグローブの“キモチいい!”を体感しよう バイクのイメージはとかく夏と結びつけられがちだけど、市井のライダーは知っている。一年を通じて、夏こそもっとも過酷なシーズンであることを……。「暑い夏でも大好きなバイクに乗りたい!」そんなライダーのマインドを大事にするideal……

グローブの選び方

新生活にジャストな通勤・通学グローブを選ぼう!

新生活にジャストな通勤・通学グローブを選ぼう!

スプリング・ハズ・カム! 2022年度の新生活がスタートする春 このタイミングでこそチョイスしたい、デイリーユースの高機能グローブはどれだ!? 春の新シーズンが到来、生活がバイクとともにスタートする人もそのままの人も心機一転、ニューグローブを手に入れて気分も安全もリフレッシュしましょう! という……

グローブの選び方

新作“2022春夏”グローブをイッキ見せします!

新作“2022春夏”グローブをイッキ見せします!

あの定番「ID-001アクシス」がついにフルモデルチェンジ! 初モノ4アイテムを中心にトピック満載でお届けします。 idealブログ6回目は来シーズンに向けて、最新デザインと強力パフォーマンスを満載させた2022年「春夏」新作グローブはトピック満載。どのアイテムがベストバイかは、ライダーであるあ……

グローブの選び方

pagetop